バンドルカードを即日現金化する方法 | 業者の利用と自己処理方法の解説

バンドルカードのチャージ残高は、どの方法でチャージしたかに関わらず、通常口座出金で現金化することはできません。しかし、以下で説明する方法を利用すれば、現金やクレジットカード、さらに「ポチっとチャージ」や「ドコモ払い」でチャージした残高を現金化することができます。

記事の後半では、バンドルカード現金化のデメリットや注意点、バンドルカード対応の現金化業者も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

バンドルカード現金化とは?

バンドルカード現金化は、現金やクレジットカード、そして「ポチっとチャージ」や「ドコモ払い」でチャージした残高を現金に戻す方法です。バンドルカードを現金化する前に、以下の手続きを済ませましょう。

バンドルカードのバーチャルカード発行

バンドルカードのアプリをダウンロードし、電話番号とメールアドレスを登録してSMS認証を完了させます。SMS認証が完了すると、自動的にバンドルカードがアプリ上で発行されます。バーチャルカードの発行には審査や年齢制限はなく、発行手数料や年会費もかかりません。

「ポチっとチャージ」または「ドコモ払い」で残高をチャージ

バンドルカードに後払いで残高をチャージする方法には、「ポチっとチャージ」と「ドコモ払い」の2つがあります。これらは後払い方式で、現在のバンドルカード残高が0円でも利用可能です。

「ポチっとチャージ」でのチャージ方法

「ポチっとチャージ」は、バンドルカードの残高に3,000円から5万円まで即時に入金できる後払いチャージ方法です。申し込みから入金までの手順は以下の通りです:

  1. アプリの「チャージ」タブで「ポチっとチャージ」を選択
  2. 「ポチっとの申込みへ」をタップし、SMS認証を完了
  3. チャージ金額を入力し、「OK」をタップ
  4. 審査に通過すれば、チャージ完了

初回の上限額は5,000円ですが、利用実績を積むことで最大5万円までチャージ可能となります。ポチっとチャージの入金額は、残高の使用に関係なく、翌月末までにチャージ手数料と合わせてコンビニや銀行ATMで支払う必要があります。

「ドコモ払い」でのチャージ方法

「ドコモ払い」は、20歳以上で2年以上の契約期間があり、携帯料金の滞納がないドコモユーザーが利用できる後払いチャージ方法です。最大で10万円まで即時チャージが可能です。手順は以下の通りです:

  1. アプリの「チャージ」タブで「ドコモ払い」を選択
  2. 「チャージ手続きへ」をタップ
  3. チャージ金額を入力し、「チャージする」をタップ
  4. docomoセンターで認証を行い、チャージ完了

ドコモ払いの入金額も、残高の使用にかかわらず、翌月の携帯料金の支払い日までにチャージ手数料と合わせて支払う必要があります。

バンドルカードを現金化業者を利用して即日現金化する方法

現金化業者は、クレジットカードやバンドルカードなどの後払いアプリの現金化を代行するオンライン業者です。ユーザーは現金化業者の公式ウェブサイトから申し込みを行うだけで、審査や在籍確認などの煩雑な手続きは一切必要ありません。ただし、初回利用時に本人確認が必要となるため、本人確認書類と自撮り写真を用意しておくと、手続きがスムーズに進行します。

バンドルカードを自己処理して現金化する方法

バンドルカードで購入した商品を売却して換金することで、業者を介さずに自己処理できます。ただし、商品の換金率や現金化までの所要時間は、販売する商品によって大きく異なります。

まず、バンドルカードが利用可能な店舗やオンラインショッピングサイトで商品を購入します。

商品を買取専門店に持ち込むことで、すぐに現金を手に入れることができます。

Amazonギフト券の「Eメールタイプ」は金券ショップでは売却できませんが、オンラインのギフト券買取サイトを利用すればオンラインで買取が可能です。

さらに、人気の家電製品は買取専門店よりも、フリマアプリやヤフーオークションで販売すると高く売れるかもしれません。

ただし、商品の出品と発送には手間がかかり、売上金を受け取るまでに少なくとも1週間かかる場合があること、高値で売るには出品者の評価が必要であることを考慮する必要があります。

バンドルカード現金化の欠点と留意点

  • 自己処理には手間と時間がかかる
  • 自己処理の換金率は必ずしも高くない
  • 不正な現金化業者が存在する

自己処理には手間と時間がかかる

自分でバンドルカードを現金化しようとする場合、商品の購入から販売までのすべてのステップを自力で実行する必要があります。

Suica返金のような100%の換金率を狙うためには、店舗側に現金化の意図を察知されないよう、少なくとも1日の時間をあける必要があります。

また、現金化や商品の返品に不慣れな場合、手続きに余分な時間がかかる可能性があり、途中で挫折するかもしれません。

一方、現金化業者に依頼する場合、公式ウェブサイトから簡単に申し込みができ、面倒な手続きはすべてスタッフが代行してくれます。

最短で10分から1時間ほどで振り込まれるため、急いで現金が必要な場合にも便利です。

自己処理の換金率は必ずしも高くない

バンドルカード現金化で高換金率の商品を紹介しましたが、売却先の選択を誤ると、想定した換金率よりも低くなるかもしれません。

また、換金率は市況や買取相場、買取店の在庫状況に左右されるため、売るタイミングによって換金率が下がる可能性があります。

一方、現金化業者はポチっとチャージからドコモ払いまで、最小5,000円から合計15万円までを70%~80%の安定した換金率で現金化できます。

特に「換金率保証」を提供している信頼性の高い業者なら、最低換金率よりも低い換金率で現金化されることはありません。

不正な現金化業者が存在する

現金化業者の中には、次のような不正な業者も存在します。

不正な現金化業者の手法:

  • 実際の取引で提示された見積もりよりも低い換金率を提供する
  • 不法な手数料を課す
  • バンドルカードで支払ったにもかかわらず、現金を振り込まない
  • 取得した個人情報や信用情報を悪用する

こうしたトラブルに巻き込まれるリスクを回避するためには、現金化業者を選ぶ際に信頼性の高い業者と不正業者を見分ける能力が必要です。

信頼性の高い業者のスタッフは、現金化のメリットとデメリットについて詳細に説明してくれるでしょう。

バンドルカード現金化は信頼性の高い業者を利用すべき

バンドルカードを自己処理して現金化できる一方で、100%の換金率を狙うSuica返金などの裏技も利用できます。

ただし、現金化に不慣れな場合、手続きに時間がかかり、換金率も予想より低くなるかもしれません。

信頼性の高いバンドルカード乃現金化優良店を利用すれば、「最短10分のスピード」と「70%以上の換金率の保証」があり、手続きも全て代行してもらえるため、初めての現金化でも安心です。